×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

本多taco-bow正典
ひとは彼のプレイを
”Juicy Pure-Cussion”と呼ぶ
                            HOME

1959年 名古屋市出身

1979年ヤマハドラム講師就任
翌年 センチメンタル・シティ・ロマンス加入
加藤登紀子、竹内まりや、岡林信康らのレコーディング、ツアーに参加。

若くしてドラム講師を務めたその当時としては珍しく自身のDrセットを教室に持ち込み
ロックとはグルーヴとはなんぞや!ハートでブチかませ!スネア一発に命を懸ける
と教則本からはみ出しっ放しであった(笑)。
そのブレない信念が功を奏したのであろう、後に本人も知ったのであるが当時のDr、Percの
生徒達がロックバンド、ポップスなどの第一線で今なお活躍しているという嬉しい話がある。

1981年9月21日 加藤登紀子ツアー中、山形新庄において2万2千ボルトによる感電事故
九死に一生を得、5回の手術1年余りのリハビリの末、温かい友人達に支えられ障害を克服し、
元東京キューバンボーイズの吉川氏に師事、再起を目指し「パーカッションによるリハビリ」始める。

翌年、世界歌謡祭に日本代表メンバーとして出場、ボビー・コールドウェルら各国のアーティストと共演

1985年渡米 ロサンジェルスにあるM.I.P(MUSIC INSTITUTE OF PERCUSSION)講師プエルト・リコ出身
Efrain Toro(エフレイン・トロ氏)に師事。

1989年帰国 パーカッショニストとして活動再開
洋楽邦楽問わず多方面へのレコーディングに参加する他、喜多郎、加藤登紀子、
薬師丸ひろ子らのツアーに参加。
国内のみならずインドネシア、モンゴル、中国などアジアを中心に活躍。

1994年「パーカッションによる子供達との会話」をライフワークに
「誰でも楽しく遊べるパーカッションワークショップ」を展開
30年以上に及ぶ自己の経験を基に、後進の指導にも力をいれ
さらに自らの体験からパーカッションによるリハビリテーションなるリズムセラピーとも言うべく「リハカッション」を考案。児童デイサービス、障害者施設、老人施設、コミュニティセンター、学校等で開催。

2004年、活動の場を地元名古屋に移す。
現在は、パーカッションを通じてあらゆるジャンルの活性化につながる事を願い、
「名古屋ど祭り」出場チーム楽曲リズムアレンジ、民謡、和太鼓、操り人形や南京玉すだれ、弦楽四重奏、タヒチアン・ダンス、フラダンス、ベリーダンス、ラップ&ハウス、馬頭琴奏者とジャンルを問わずコラボ、若手アーティストのサポートなど地域密着型としてパーカッション教室
&ワークショップ
に力を注いでいる。

2007年には、封印していたパンドラの箱を紐解き、日本屈指の
ジミヘンドリックス・トリビュートバンド“Band of Shigeo Roll Over”
3ピースのドラムを担当。
ボトムは弱く、シンコペーションは踏めないものの、グルーヴ命!一発入魂!
ズシリと腰に響くビートは健在である。
そのエネルギッシュなプレーは見るものを釘付けにし、感動を与え希望をもたらすであろう。
必見の価値あり!爆音御無礼!

近々パーカッションの本場のリズムに触れるべく、グルーヴ、ルーツを探求する旅として、
キューバ、ブラジル、
そして全ての起源であるアフリカ・セネガルへの訪問を計画中




サポート及びバンド活動
Sentimental City Romance
FolkRocks
Band of Shigeo Roll Over
やまとなでひで
Tumblin' Weed
しげだこ
Blues Hackers
Tai-Kobo
nano sec.
いとうたかお
WET BACK
AHORA-SI
鯖吉ブルースバンド and more・・・



TOPICS
1991年 フジテレビ「101回目のプロポーズ」
西村由紀江、センチメンタル・シティ・ロマンスらと共に音楽担当
2001年 五島良子 洋楽カバー集
Now and Forever #2 の中でUDU(アフリカンパーカッション、日本で言う陶器の壷)などの
プレイがドラムマガジン等で好評となる。

主な共演者
喜多郎、大倉正之助、花柳鯉女、琴座、三波春夫、喜納昌吉、加藤登紀子、坂田明、和田直、向井滋春、
小坂忠、山下達郎、竹内まりや、ジョー山中、金子マリ、桑名正博、カルメン・マキ、リリィ、EPO、斉藤誠、塩谷哲、
西村由紀江、ケイコ・リー、オユンナ、PATA、ジェフリー・フォスケット and more



HOME